インプラント治療のことなら、マモクリニックにお任せください!

マモクリニックは、盛岡市にある安心と信頼のインプラント専門歯科医院です

歯を失ったときの治療方法

歯を失った場合、従来からの治療方法のほかに、インプラントによる方法があります。

  • メリット / ▲デメリット

従来の治療方法

インプラントの治療方法

歯を1本失った場合
両隣を削ってブリッジを使用
  • 短い治療期間となります。

▲隣の健康な歯を削る必要があります。
▲ 削られた歯へのふたんが増加します。
▲ 歯を失った部分の骨が痩せていきます。

ブリッジ

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療できます。
  • メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって機能と審美性を維持することができます。
  • 天然歯に近い審美性です。
  • 健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
  • あごの骨が痩せ細るのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。

▲ 健康保険が適用されない治療となります。
▲ インプラントを埋め込むための手術が必要です。

歯を数本失った場合
金属などのバネを健康な歯にかけて使用
  • 短い治療期間となります。

▲ バネ等が見えて見た目がよくありません。
▲ バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
▲ 違和感を覚えることがあります。
▲ 歯を失った部分の骨が痩せていきます。

部分入れ歯

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、審美性を備えています。
  • メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって機能と審美性を維持することができます。
  • 天然歯に近い審美性です。
  • あごの骨が痩せ細るのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。
  • 入れ歯と異なりしっかりと固定されズレ等による不快感を解消します。

▲ 健康保険が適用されない治療となります。
▲ インプラントを埋め込むための手術が必要です。

歯をすべて失った場合
歯茎全体にかぶせ上顎の場合は口蓋も覆う
  • 短い治療期間となります。

▲ 安定が悪いとズレ易くなります。
▲ 堅い物を噛むと入れ歯が歯茎を圧迫し痛むことがあります。
▲ 味覚に影響する場合があります。
▲ 入れ歯と歯茎との間に食べ物がはさまる場合があります。
▲ あご全体の骨が痩せる場合があります。

総入れ歯

インプラントは安定感があり、お掃除のために義歯を自分で取り外せます。※
  • メンテナンスをきちんと行えば、長期間にわたって機能と審美性を維持することができます。
  • 天然歯に近い審美性です。
  • あごの骨が痩せ細るのを防ぐことができます。
  • 自然に噛むことができ、美味しく食べられます。
  • 口元を気にせず、自然に話すことができます。
  • 入れ歯と異なりしっかりと固定されズレ等による不快感を解消します。

▲ 健康保険が適用されない治療となります。
▲ インプラントを埋め込むための手術が必要です。

※ご自分では取り外せないタイプもあります。

インプラント治療の種類

お口の状態に応じて様々な治療方法があります。

少ない本数の歯をなくした方に最適の治療
[前歯を1本失った場合]
  • 従来は失った歯の両側の健康な歯を削って橋を架けるように治療するブリッジでした。
  • インプラントなら健康な歯を削ることなく治療できます。
[奥歯を数本失った場合]
  • 従来は部分入れ歯で対応しますが、金属の止め具などに違和感を感じることもありました。
  • インプラントなら止め具を使用しませんので違和感はありません。
  • しっかり固定されるので固いものも安心です。
総入れ歯の方や多くの歯をなくした方に最適のオールオン4
  • オールオン4は、おおよそ3~5時間でインプラントを埋め込み仮歯を装着します。
  • 4~6ヶ月後に取り外しのいらないセラミックの歯を固定して治療が終了となります。
詳しい説明はこちら▶オールオン4

インプラントに適した症状

インプラント治療は多くの方が受けられる可能性があります。インプラント治療はたとえ年を重ねていても、誰でも治療できる可能性があります。しかし、場合によってはインプラント治療が制限されたり、他の治療を優先させなくてはならないことがあります。
骨の量
  • インプラント治療は、まず歯を支える土台を作るところから始まります。
  • インプラント体を立てる土壌はつまり、骨。骨のしっかりとある部分に立てるのが最も安全なインプラントです。
レントゲン写真による検査
  • 歯医者さんで撮影する大きなお口全体が写るレントゲン写真で、ある程度のおよその骨の量がわかります。
CT画像による検査
  • 骨を縦に輪切りの状態で検査することができるので、骨の幅や、内部の構造まで、詳しくまで診査することができます。
  • レントゲン写真では情報が不十分である場合には、CT撮影を行って診査します。

インプラント治療に適さない症状

  1. 顎の骨の量が少ない方
  2. 妊娠中の方
  3. 全身疾患のある方
  4. 他の歯に大きな虫歯や根の病気がある方、歯周病の方
  5. 喫煙される方

インプラント治療ができない方

  1. 顎の骨の成長が終わっていない年齢の方、概ね16歳以下の方
  2. 歯磨きなどの日常の清掃が充分にできない方
  3. チタンへのアレルギーを持っている方
  4. アルコール依存症の方
  5. 歯科医師と意思疎通ができない方、精神的に問題のある方