エントリー

『口臭白書2019!! ってご存知ですか?』

盛岡も梅雨入りしましたね。
皆さんいかがお過ごしですか?

梅雨と言えば、毎日雨降りでジメジメ憂鬱なイメージですが、
そこは気持ちの持ちようというか、夏の直前お部屋の模様替え、

エアコンのお掃除で空調を整えたり、サッパリした物を食
したりなど、いろいろ工夫して、爽やかに乗り越えましょう!

先週、高橋衛歯科医院ではスタッフ全員で夏の大掃除を行いました。

僕は、医院内全部のエアコンのフィルター掃除を担当しました。
綺麗な空気で皆様をお迎え致します笑


さて、
先日ブレス.ハザードプロジェクトから”口臭白書2019” と題して日本人の口臭ケアの
現状と課題が発表されました。
とても興味深い内容となってますので今回シェアさせていただきます。

日本人の口臭ケアの課題とは
①中高年の男性より若年のお姉さんの方が口臭レベルが深刻であることが判明
②歯磨き頻度と口臭レベルには相関性がないことが判明

”口臭がひどい”のはお酒やタバコを嗜むおじさんの方が多い、そんな固定観念が崩れ
去る調査データが明らかとなりました。


(1)中高年の男性より若年のお姉さんの方が、口臭が強い!?

 基準値をオーバーした人の割合は、男性に比べて女性の方が2倍以上。
 ホルモンバランスの変化で思春期、妊娠出産期、更年期など3つのタイミングで高ま
りやすいとされています。
 ケア意識の高い人であっても知らずのうちに口臭リスクを高めているのかもしれません。


(2)歯磨きの回数を増やしても口臭は改善しない!?

 1日3回以上磨く人と、2回以下の人を比較したところ、
 3回以上磨く人の方が口臭測定値の基準値をオーバーした人の割合が高いという結果
が出ました。
 積極的にセルフケアを行う人が増えていますが、
 回数は口臭レベルの改善には必ずしも直結しないことがうかがえます。


(3)日本人の1日に歯を磨く平均回数  2.2回/日 岩手県2.26回/13位

 毎日、複数回にわたって歯を磨くことがスタンダードになっており、オーラルケア意識の高まりがうかがえます。3回以上磨く人も32.8%と約1/3に達してきております。


(4)歯医者に1年以上行ってない人  65.9%

 セルフケアの意識が高まっている一方で、歯科医院に通院してケアしようという機運
は低いです。                
 予防通院頻度の目安である3ヶ月に一回以上の歯科医院への定期通院は15.9%にとど
まりました。 
 岩手県19.0%/9位


(5)自分の口臭が気になった事がある人  90.6%

 自分の口臭が周りの人を不快にさせていないだろうか、という不安に駆られるのは、共通認識。
 特に男性においては、最も気になる”口の中の悩み”として口臭が第一位にランクインしました。


(6)他人の口臭指摘できない人 72.8%

 身内には61.0%の人が指摘できるのに対し、友人、職場の同僚など他人への指摘が27.
6%にとどまりました。
 また、誰にも指摘できない人も30.5%にのぼりました。


(7)他人の口臭がきになるシチュエーション、最も多いのは 仕事の打ち合わせ 69.6%

 約7割の人がビジネスシーンでの周囲の口臭に悩まされているという結果となりました。
 臭いが気になってストレスを高めているようです。


(8)口臭ケアに費やす平均金額は 600円/月

 歯ブラシ歯磨き粉に加えて、フロス歯間ブラシ洗口液など様々な道具を購入して
 口臭ケアにあたっていることがうかがえます。
 都道府県別でみると、千葉県が最も高く807.0円、最も低いのは長野県で437.2円で、
 岩手県は683.9円/10位でした。


(9)オトコは気づかない!?恋愛と口臭 30代女性の2人に1人はデートで臭い思いをしている

 口臭を気にしすぎて、会話やヒトとの距離が気になりおっくうになった(男)など
 男性も口臭がデートの臭い思いでとなっているようです。


日本人の9割が何らかの口臭対策を行っているが、セルフケアが中心でプロケアは、ごく少数。
口臭対策として歯科医師、歯科衛生士の診察、指導をうける人はごく少数派であること
が明らかになりました。

口臭ケア意識総合ランキングと題して1位”徳島県”2位”茨城県”3位”高知県”
岩手県は、33位/47位でした。


以上のように、歯に付着した歯垢が、病的口臭の発生の発端となるわけですが、
この歯垢は、歯磨きの際の磨き残しが原因となって生じるものです。
磨き残しは、どれだけ上手に歯を磨いている人でも2割程度は生じると言われています
いくら熱心なセルフケアを行っても、一歩間違えた方法でケアしてしまうと口臭リスク
は低減しないです。

セルフケアも大事ですが、正しいかどうか確認もふまえて、歯医者に通院していただき
歯のメンテナンスやカウンセリング、ケア方法について学んでいただくことが望ましいです。
セルフケアとプロケア、両輪でケアを行うことで、口腔環境は格段によくなるはずです

当院でも皆様にお勧めの新しい口腔ケアグッズが増えてきました。
是非、この際にプロフエッショナルケアを受けに当院にいらしてください。
お待ちしています。

高橋衛歯科医院 金俊介

20190621121232.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed