エントリー

2017年11月の記事は以下のとおりです。

歯科検診のお勧め★

みなさん、こんにちは!

急激に寒くなりそろそろ雪も降るなんてニュースで伝えているのを聞いて、はやくタイヤ交換をなんて焦っている、高橋衛歯科医院 歯科助手 長山です!

季節の変わり目は体調を崩しやすく、風邪を引きやすいですよね、
実はお口の中の不調もそういった体の中の免疫が落ちる季節の変わり目に起きやすいんです!

元々歯の根の治療をしていた所や、状態が良くないと言われていた場所がある方、たまに気になるけど忙しいしそのまんま、、、
なんて事ありませんか?

症状が酷くなってからの治療だと完治が難しくなってしまったり最悪歯を残せなくなる可能性もあります。

体の健康診断があるように
お口の中も定期的な検診を行う必要があります。

とくに
・お酒をよく飲む
・タバコをよく吸う
・甘いものが好き
・炭酸が好き

なんて方は
お口の中に汚れがつきやすく、
お口の中の病気になる確率が他の人と比べてぐんと上がります!

痛くなる前に
気になるところが出る前に検診はいかがでしょうか?

治療途中のまま治療から遠ざかってしまっているな、、、

なんて方もお待ちしています

 

20171127223045.17.jpg

寒さで歯が痛くなる!!

みなさん、こんにちは!
歯科助手の山口です!

どんどん寒くなってきましたね!
私は先日、宮城県にある蔵王のえぼしリゾートに、星空を見に行きました!
すごく寒い!風が強い!雪もチラホラ!
でも、しっかり防寒対策をしていたので無敵でした☆

気温が低いので空気が澄んでいて星空を見るのには最適な環境でしたが、その日は満月が出ていたので星があまり見えませんでした! 残念…。そのかわり月がとてもきれいに見えていました♪

 

20171111110922.jpg
寒いといえば、歯がしみたり、痛くなるという方いますよね?
それにはいくつかの原因があります。

①象牙質知覚過敏

寒くなると水道水が冷たくなりますね。
冷たい水道水でうがいをするときに、歯がしみるので虫歯になっているのではないかと
心配になることがあります。
検査してみると、虫歯ではなく「象牙質知覚過分」という診断になることがあります。

象牙質知覚過敏とは、歯周病などで歯茎が下がったり、強い力で歯ブラシを大きく動かして歯磨きするなど、間違った歯磨きの仕方を続けたりすると象牙質が露出して、冷たい物がしみることがあります!
そうすると冷たいものなどが歯の神経に伝わりやすくなり、しみるようになります。

②歯ぎしり

寒くなると首をすくめたり、無意識のうちに歯を食いしばっていることがあります。
そうすると歯に痛みがでたり、違和感を感じることがあります。
虫歯や歯周病ではなく、歯ぎしり、食いしばりが原因で歯が痛くなることがあるんです

20171111111049.gif
最近私は歯ぎしり,食いしばりが原因で歯が痛いことがありました。
悪化しないように、日常生活で食いしばりをしないように意識したり、
睡眠時はマウスピースをつけることにより、症状が緩和しました!

私のように歯に違和感や痛みを感じて気になる方は
そのままのせず、検診してもらいましょう。

ぜひ、高橋衛歯科医院へいらしてください!お待ちしております♪

つば付けとけば治る!

幼い頃、私が怪我をして帰ってくると祖父はいつもそう言っていた。
つば付けとけ、だけならまだいい。祖父と二人で外出している時に怪我をしたものなら大変だ。
祖父は私の傷口に自身の唾液を付けようとするのだから。
そのたびに、私は幼いなりに祖父を悲しませないよう、言葉を探してはやんわりと断ったものだ。

つばなんか付けても気休めにもならない、ただ汚いだけじゃないか。
いつも一緒に遊んでくれる大好きな祖父の、唯一解せないところだった。

ところがそれから二十数年経ち、祖父の話しが必ずしも間違いではないと知ることになる。
というのも、とある実験を知ったからなのだが…。

ネズミを使った興味深い実験がある。
①背中に1センチ四方の切り傷をつけたネズミを数匹用意する
②飼育ケースを2つ用意する
③1つの飼育ケースには、その傷ついたネズミを一匹だけ入れ、もう1つには数匹入れて飼育する

一匹のグループと、数匹のグループ、どちらのネズミが傷の治りが早いだろうか。
答えは数匹のグループである。

一匹のネズミは、自分で背中の傷をなめることができない。
しかし、数匹入れば互いに傷口をなめあうことができる。
唾液に含まれる上皮成長促進因子という傷を早く治す性質が作用した結果だ。

また、唾液にはリゾチームという酵素が含まれており、これが病原菌の侵入を防ぐ効果がある。
傷口に塗ることによって感染を予防することができるのだ。
例えば、抜歯をしても傷口が化膿しにくいのは唾液によって守られているからだ。

つまり、話は戻るが、
祖父の傷口につばを付けるという行為は科学的に根拠がある、れっきとした治療であったと言えるのだ。

と、大げさに書いてしまいましたが、唾液には素晴らしい効果があります。
歯と関係のある話ですと、上の歯よりも下の歯の方がむし歯になりにくいというデータがあります。
下顎には唾液腺がたくさんあり、下の歯は常に唾液のプールに浸かっているような状態です。
そうやって唾液で洗浄されることで、一般的に下の歯の方が寿命が長いのです。

現代人は唾液の分泌量が少ないと言われています。たくさん唾液を分泌させて健康にお過ごしください。
唾液の分泌量を増やす方法について気になる方は、ぜひ当院にご来院ください。

20171107095406.jpg

歯科用CTってご存じですか?

こんにちは。
私は八幡平市に住んでいるんですが、
最近朝起きて外を見ると岩手山の頂上辺りが白くなっている事が多くなって来ました。
少しづつ冬が近づいているんですね。
朝の冷え込みも厳しくなってきましたので、体調を崩さないようお気を付けくださいね

ところで、皆さんは歯科用のCTをご存知ですか?
歯科治療でもCT撮影は歯の治療を行う上でとても重要になってきています。

従来のX線写真では2次元的な平面での診断しかできませんでしたが、
歯科用のCTでは3次元の立体画像で多くの情報を得る事ができます。

たとえば
①レントゲンでは見えなかった部分が簡単に確認できます。
②歯だけではなく、鼻の奥の形態や粘膜の状態、病巣など立体画像で確認できます。
③外科治療(当医院では特にインプラント治療、難抜歯など)矯正治療、歯の根の治療
など幅広く応用する事ができます。

そしてなにより正確な診査、診断が出来るので患者様の不安を取り除き安心、安全な治療が可能になります!

いかがですか?
CT撮影にはこんなにたくさんのメリットがあるんですよ。

高橋衛歯科医院とマモクリニックのどちらにもCT撮影装置を完備しております。
是非、当医院で歯の治療をしてみませんか?
スタッフ一同お待ちしております!

歯科助手の立柳でした。

 

20171104192932.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed