エントリー

2017年06月の記事は以下のとおりです。

定期的に歯科検診を受けましょう。。。

こんにちは。
高橋衛歯科医院の歯科技工士、泉山です。

毎日ちゃんと食後3回歯磨きをしていても虫歯になることがままあります。

1938年にアメリカの歯科医師W.A.プライス博士という方が書いた「食生活と身体の退
化~未開人の食事と近代食、その影響の比較研究~」という本があります。
この本では、当時未開の地であったアラスカに住むイヌイット(エスキモー)や、ニ
ュージーランドで未開の土着人であるマオリ族など、多くの未開人の食生活と健康につ
いて書かれています。
その地ならではの食生活、例えばイヌイットであればアザラシやクジラ、魚などの生
肉を主食とし、マオリ族であれば魚介類やイモや根菜などを食べるなど、その頃の未開
人は皆きれいな歯をしていたそうです(当時のマオリ族は世界中の種族の中でも最高の
歯と身体をもっていると言われていたそうです)。

 

20170629113515.jpg

 

20170629113601.jpg

しかし白人が移住してくるとともに西洋の近代的な食文化が入り込み、先住民も砂糖
や軟らかい食べ物を食べ始めるようになった途端、虫歯や歯周病に悩む人、歯並びの不正排列が増えたそうです。

それまで歯について悩みのなかった未開の地には歯医者もいなければ歯の痛み止めの
薬もありません。さらには歯科治療ができないことで痛みが長引き、その痛みに耐えかねて自殺する人もいたそうです。

この事より、近代的な食生活が、歯や口腔内に対して理想的ではないことがわかりま
す。そして、食生活の変化は口腔内の変化にとどまらず、発がん率の増加など全身的な影
響を及ぼすに至っています。

こういった未開の地に及ぼした近代的な食文化の影響についての比較、研究が80年も
前になされていたのです。
わが国でも開国以来、近代的な西洋の食文化が少しずつ入ってきて、戦後GHQの占領下
に置かれてから食を含めライフスタイルが一変しました。
戦後、日本人の発がん率、現代病、増加の一途をたどっていますよね。

歯の話しではないのですが、こんな話があります。
江戸時代の飛脚は約400キロの距離を60時間以内に荷物を届けるように義務付けら
れていたそうです。
そしてそんな飛脚の食事はというと1日2回、握り飯と少しの漬物だけを食べていたそ
うです。現代ではとても考えられない体力があったのです。
そもそもこのような食事は当時、飛脚に限ったことではなかったようですが。ところ
がその姿を見た西洋人が肉を食べたほうがもっと力が出るだろうと、
飛脚に肉を食べさせたところ、力が出るどころかいつもよりも早くにバテテしまい、
以前の食生活に戻してほしいと飛脚から懇願されたそうです。

現代日本人は昔では考えられないくらい肉食になりました。飛脚が今の食生活を見た
らたぶんビックリしてしまうのではないでしょうか。
また、食のグローバル化が進み、国内に居ながらにしてさまざまな国の料理を味わえ
ますし、テクノロジーの進歩により生活もどんどん便利になりライフスタイルもどんどん移り変わっています。

本当の意味で理想的な食生活やライフスタイルとはどういったものなのでしょうか。

例えば、私は歯科技工士という仕事柄、1日に8時間以上も座った状態で仕事をしてい
ます。仕方のないことなのですが、これは本来ヒトのあるべき状態ではないですよね。自分
で運動できる時間を見つけて、少しでも体を動かさなければなりません。
食を含めたライフスタイルを以前の日本人、ひいては昔のヒトから今一度学ぶ必要が
ある気がしてなりません。

とういことで現代人の食生活と、虫歯や歯周病のリスクは切っても切れないので、
ぜひ定期的な検診にいらしてくださいね。スタッフ一同お待ちしております!!

『デンタルフロスと歯間ブラシ』

先日、上野動物園で五年ぶりにパンダの赤ちゃんが誕生しましたねー。
無事に大きく育ってほしいものです。
久しぶりに、ほっこりするニュースでした。

そこで突然ですが、パンダの歯が何本あるからご存知ですか?
子パンダは生後7ヶ月になると乳歯から永久歯に生え変わるそうです。
そして大人になるとなんと42本の歯が生えるそうですよ。
臼歯の大きさは人間の7倍の大きさで歯の形は扁平で幅広の形で笹の葉などの植物を噛
み砕くのに適しているのですね。

20170622132302.jpg

さて皆さんは、歯の清掃用具のデンタルフロスと歯間ブラシの違いをご存知ですか?
どちらも歯と歯の間の汚れを取り除くのに有効ですが汚れを取る場所が違うんです!

デンタルフロスは歯と歯の間の接触点の汚れやプラークを取り除き歯と歯の間の虫歯
予防に適しています。歯面にこすりつけて使用するとプラークの除去率がUPします。
デンタルフロスは乳歯の虫歯予防にも効果的です。乳歯の奥歯の歯と歯の間はとても
虫歯になりやすいので使用する習慣をつけると良いでしょう。

歯間ブラシは歯と歯の隙間の汚れを取り除き歯周病予防に効果的です。
ただし、歯間ブラシのサイズが歯の隙間と合わないと使用効果が上がらないので気を
つけましょう。

歯ブラシだけではなく、自分のお口の中の状態に合った補助器具を使用してお口の中
の健康を保つようにしましょう。
ご不明な点は、高橋衛歯科医院の歯科医師、歯科衛生士にお尋ねください。
皆さんのお口にあった清掃補助器具をご提案いたいます。

歯科助手の立柳でした。

『開業22周年を迎えて』

そろそろ梅雨入りか??といったような天候が続きますが、皆さん元気に過ごしてい
らっしゃいますか??
夏日になったり、はたまたストーブを出してしまうくらい寒い日があったりと、まだ
まだ安定しませんね。

先日、初夏の風物詩、チャグチャグ馬コが雨が降る中開催されましたね。

チャグチャグ馬は農耕馬に感謝する200年以上に及ぶ伝統行事で、色鮮やかな装束で着
飾った100頭程の馬と馬主が、
滝沢市鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社で参拝し、盛岡八幡宮までの約13キロの道
のりを約4時間かけて行進します。

昭和53年に国の無形民俗文化財に指定され、平成8年には環境庁「日本の音風景100選
」に選ばれたそうですよ。
馬コが着飾って歩いている姿はもちろん、その馬の上に乗っている子供が可愛いくて
、本当ほっこりする行事で大好きです。

さて、高橋衛歯科医院はおかげさまで22周年を迎え、
記念イベント、患者様とのじゃんけんで勝者に歯科医院ならではのケアグッズ(粗品
)を差し上げるという企画を行い、大盛況に終わりました。
じゃんけんに付き合っていただきありがとうございました。
スタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

22周年を迎えて、最近遠方からの患者様がさらに増えてきています。
All-on-4をはじめインプラント、スピード矯正など様々な治療を選択された患者様が
わざわざ遠方からお越し頂いており、私共、高橋衛歯科医院一同感謝とともにとても活力が湧いてきます!

近隣はもちろん、遠方の患者様のお口の健康のお役に立てるよう、これからも高橋衛
歯科医院一同頑張っていきますのでよろしくお願いします。

マモインプラントクリニックマリオス、歯科技工士の村松でした。

20170611235954.jpg

ホワイトニングで、きれいな歯に!

6月に入り、雨も多いこの頃。東北地方の梅雨入りももうすぐですね。

そんな6月ですが、『ジューンブライド』伝説というジンクスのある月でもあります。
6月の花嫁は生涯、幸せな結婚生活を送れると言われていますね。

 

20170608151444.jpg



ヨーロッパでは、このジンクスは、ローマ神話の女神ユノー(JUNO)に由来するとされ
ています。
ユノーはギリシア神話では、主神ゼウスの正妻である、女神ヘラとして有名ですが、
ヘラは、女性や子供、家庭の守護神と言われています。
これにあやかって、幸せになれると言われているのですね。

日本では、雨の多いこの時期にも結婚式を挙げてもらおうと、ヨーロッパからこの文化
を取り入れたそうです。

また、6月12日はヨーロッパでは、『恋人の日』とされているそうです。
6月は、”恋人”たちの月のようです。


さて、皆さんの中にも、これから結婚式の予定がある方もいらっしゃるのではないでし
ょうか。

当院へも、結婚式の準備として、ホワイトニングのお問い合わせを多く頂いております


結婚式で、主役の花嫁さんはほんとうに綺麗ですが、より綺麗になりたい!という方に
は、本当にオススメです。

特に病院で施術するオフィスホワイトニングは、1、2回で高い効果が得られるので、
短期間で白い歯にすることが可能です。

また、前歯の表面に、セラミックを貼り付ける、ラミネートベニアも、オススメしてい
ます。

これは、通常の被せ物と違い、大きく歯を削る必要がない為、神経をとる必要がなく
歯の形をきれいに見せたり、多少の歯並びの改善をすることができます。
ホワイトニングとラミネートベニアを組み合わせると、さらに効果が高くなります!

(全ての場合に対応できるわけではありません。また、ホワイトニングも適応できない
方もいらっしゃいますので、一度ご相談ください。)


特別な予定がない方も、笑顔をさらに綺麗にしたい!という方は、

是非ご相談くださいね。


歯科助手・受付 佐藤

「5月のインプラント講演会を終えて」

先日のインプラント講演会には、お足下の悪い中 多くの方にお越しいただきありがと
うございました。
盛岡市以外?県北沿岸地域や県南から足を運んでくださった方もいらっしゃいました。

感想をお聞きすると、『普段なかなか聴く機会がないテーマについての講演だったが、
わかりやすい内容だった。
迷っていたが思い切って来て良かった』と答えてくださいました。
難しい内容と思われがちですが プレゼンには、写真や動画も豊富に盛り込まれており
、盛岡にいながらにして楽しく世界水準の最新情報を知る事ができると好評です。

毎回 講演会終了後は、プライバシーに配慮しつつ個別相談の時間ももうけています。
こちらも人気のコーナーですね。

講演会に参加されますと、治療のゴールがイメージしやすくなり、また治療につきまとう期間や費用に関しての疑問や不安を解消してからスムーズに治療に移行することができるというところが大きな利点ではないでしょうか。
次回の講演会の日程は未定ですが、決定次第ブログ上でもお知らせしますので、楽しみ
にしていてくださいね。


さて前回のブログでもご案内しましたように 6月4日歯の健康週間の期間中に高橋
衛歯科医院でも22周年記念キャンペーンを実施いたします。日頃の感謝の気持ちをこ
めて、歯科医院ならではのケアグッズ(粗品)をご用意して、スタッフ一同お待ちして
います。

〜おしらせ〜

院内の掲示物が新しくなりました。

20170604142745.jpg

 

スタッフが一生懸命作りました。

ぜひ皆さん沢山の情報をお持ち帰りください!

歯科医師 福岡でした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年06月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed