エントリー

2016年06月の記事は以下のとおりです。

マモル歯科ニュース速報!!

こんにちは。

とうとう岩手にも梅雨の時期がやってきましたね。梅雨はジメジメして不快に感じることがありますが、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業等の水を蓄える重要な時期でもあります。私たちの日々の生活の日々の生活の雨としてポジティブに過ごしていきたいと思います。

 

さて、今、高橋衛歯科医院では「マモル歯科ニュース」発送の準備をしています。「マモル歯科ニュース」は年4回(春・夏・秋・冬)患者様にお送りしている新聞です。スタッフ全員で作って、患者様に情報発信をしています。

 

夏号の内容としては、最新インプラント技術のAll-on-4(オールオン4)・ザイゴマインプラントについて症例写真を載せて分かりやすくお伝えしています。矯正治療については、従来の矯正治療よりも痛みが少なく早く治療が終わり、すでに多くの方に受けていただいているNewスピード矯正について載せています。

 

さらに理事長高橋衛の学会報告、インプラント講演会開催のご報告、新人スタッフのご挨拶、マモメインテナンスクラブのお知らせなど、情報満載です。7月上旬に発行いたしますマモル歯科ニュースをご覧ください!!

 

ちなみに過去号では、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用した治療療法を載せたことのありました。

歯の根の治療では、残せないと診断された歯が残せる可能性があります。さらに保険治療より短期間で終わることができます。

虫歯の治療では、確実に虫歯だけを取り除き、虫歯の再発も防ぎます。

CTG(歯茎の結合移植手術)はとても繊細で高度な技術になります。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用することによってより確実に手術を行うことができます。

など、タメになるような記事を載せています!!

隅々まで目を通していただけると幸いです。

過去の記事は、高橋衛歯科医院の待合室でご覧いただけます。

20160628233139.JPG

 

20160628233140.JPG

 

医療法人 高橋衛歯科医院 山口がお送りしました!

天然歯が最強。

こんにちわ。医療法人 高橋衛歯科医院で歯科技工士をしております泉山と申します。私はみなさんのお口の中に入る詰め物、被せ物を毎日製作しております。

 

すごく当たり前のことなのですが詰め物や被せ物、インプラントなどよりも天然
歯のほうが優れています。
当院では補綴物(ホテツブツ=詰め物、被せ物のこと)の材料としてセラミックをオススメしています。
それは、セラミックが歯科材料の中で一番天然歯に近い材質だからです。
また、歯を失ってしまった方には入れ歯ではなくインプラントをオススメしています。
インプラントは歯槽骨と結合するので、自分の歯のように噛むことができますし、入れ歯のような異物感もないからです。

ですが、セラミックもインプラントも天然歯にはかないません。天然歯のエナメル質、象牙質の物性や、歯根と歯槽骨の関係を人工物では再現できません。
治療する際には優れた材料を選んでいただきたいですし、歯を作る側としても見た目の綺麗な色や形態になるように努力して製作していますが、それよりも健康な天然歯でお過ごしいただくことに越したことはありません。

健康な天然歯でお過ごしいただくために、痛くなってから歯医者に行くのではなく、症状がなくても定期的な検診やクリーニングを受診していただきたいです。例えば、歯周病は毎日ちゃんと歯磨きをしても治ることはないので、自分でも気づかないうちに病状が進行していることはよくあることです。
また、治療を受けた方も、治療終了をゴールと思わずに、スタートラインだと思って定期的にメインテナンスを受けていただきたいです。上記のようにインプラントも補綴物も人工のものなので、天然歯よりも丁寧なケアが必要です。

ということで、毎日の歯磨きは基本として、何もなくてもときどき検診やクリーニングにいらしてください。
私も忙しいとか面倒臭いとか怠けずにクリーニングを受診するようにするので、みなさんも一緒に頑張りましょうね。

追伸:患者さんの子供さんが描いてくれた絵をご紹介します。歯の大切さを描いてくれています。
お上手ですね!なんだか心がホッコリします。

20160622093737.jpg



院長 高橋衛先生の紹介〜カウンセラーから見た院長紹介②〜

現在、高橋衛歯科医院が最も得意とするAll-on-4(オールオン4)については、この治療の開発者であるDr.Maloが開設するMALO CLINIC TOKYOで研修しました。20160617101601.JPG

MALO CLINIC TOKYO院長の下尾先生は、Dr.Maloが最も信頼し、技術も世界一と云われている先生です。高橋衛院長は、オールオン4をこの先生から直接学び習得しました。

 

ですから、高橋衛歯科医院では、Dr.Maloオリジナルの最も信頼できる安全確実な方法で、オールオン4を行なっている数少ない医療機関です。

 

20160617101901.JPG

 

 

 

我々スタッフも、院長とともに勉強しました。高橋衛歯科医院とマモ インプラントクリニック マリオスは、これまでの実績を高く評価され、All-on-4についてMALO CLINICの提携医院となっています。

 

 

 

特殊なAll-on-4(オールオン4)であるZygoma implant(ザイゴマインプラント)については、スペイン バルセロナにて、これの第一人者であるDr.MalavezDr.Davoの直接指導を受け、習得しました。

 

20160617102014.JPG

 

 

 

院長が行なっているZygoma(ザイゴマ)インプラントと云うのは、通常のAll-on-4が不可能で、あごの骨が無くなった人でも頬骨にインプラントを埋め、これを支えに歯を作るという難易度が高い治療方法です。日本全国でもこの手術ができる歯科医は極めて少数です。これらの方法は、患者さんの人生や生活を大きく変えてくれます。All-on-4(オールオン4)とZygoma implant(ザイゴマインプラント)の方法で、多くの患者さんに大変喜んで頂いています。

 

 

 

前歯の審美性が重要な部位のインプラント治療に関しても、特別な技術が必要となってきます。

 

20160617102222.JPG

 

世界中の歯科医の誰もが憧れるDr.Inakiに会うために、スペインのサンセバスチャンにまでわざわざ行きました。

 

そして院長は、Dr.Inakiのオリジナルスーパーテクニックを直接教えて頂きました。

 

 

 

 

 

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用した精密歯科治療については、Minami Alps Training Instituteにて学び、これを習得しました。ここでは、マイクロスコープの世界的第一人者と云われる山梨の秋山先生に直接指導を受けました。

 

20160617102446.JPG

 

 

 

マイクロスコープを使用することで可能になる非常に難易度の高い歯ぐきの手術、歯周病治療、歯内療法(歯の根の治療)などのトレーニングを5年にわたり受け、現在も継続し更なるレベルアップを目指しています。

 

 

 

矯正治療に関しては、世界初となる矯正システムを開発した、スピード矯正の深澤先生とJET システム(NEWスピード矯正)の成田先生のもとで手技を習得し、日本で生まれた画期的な矯正システムを当院で行なっています。

 以上、院長がこれまで研修してきたことの一部を簡単に紹介させて頂きました。

 

院長は、インプラント治療だけでなく全ての歯科治療に精通し、歯のことで悩み、困っている患者さんの治療を一生懸命行なって、大変喜ばれています。

 

患者さんにはより良い選択をして頂き、是非、院長の治療を受けて頂くことをお勧めします。

 

そして、私たちは、患者さんが健康で幸せな人生を送ることができるようにサポートさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

20160617102918.JPG

 

院長 高橋衛先生の紹介〜カウンセラーから見た院長紹介①〜

こんにちは。高橋衛歯科医院のアシスタントをさせて頂いております、山口と申します。

当院の院長である高橋衛先生の紹介を2回に分けてご紹介したいとおもいます!!

 

院長 高橋衛先生は、10年以上継続して、インプラント埋入実績が東北No.1のスーパードクターです。4年前には日本全国で第3位の実績を上げたこともある日本トップクラスの先生です。

20160618114514.jpg

現在、年間300400本以上のインプラント埋入手術を継続して行なっています。これは、日本国内でインプラント治療を行なっている歯科医の10倍以上の実績です)。

 

 

 

私たちスタッフから見た院長は、とても器用で治療のセンスが良いことに加え、歯科医療に対する真摯な姿勢を持った、本当に素晴らしい先生です。院長は、誰よりも治療が上手い。腕は確かで、私たちも安心して治療を任せることができます。

 

 

 

 

院長は、高橋衛歯科医院の医業理念にあるように、患者さんの為に患者様本位の真の歯科医療を行うように常に努力をしています。本当に困っている人を助けてあげられるような難しい治療方法を習得する為に、常に上を目指して、日本だけでなく世界中に足を運んで研鑽を続けています。歯科医療のいろいろな分野について、難しい治療を行なっており、おそらく治療内容は世界トップレベルだと思います(普通の場合は、予防だけ、歯周療法だけ、インプラントだけというように狭い分野での専門的な治療のみを行なっています)。しかし、院長は、これら専門医トップ数%の歯科医だけが行なっている特別な治療を、毎日の診療の中で普通に行なっています。すごいなあ、と思います。

20160617095710.JPG 

 

 院長は、とても難しい治療方法といわれるものであっても、確実に習得して、当院に来院される患者さんの治療に生かしています。しかし、保険診療には限界を感じ、現在は自由診療のみを行なっています。院長が患者さんに提供できる治療のレベルは、おそらく日本でも有数の素晴らしいものだと、私たちは自負しています。院長の治療を選択された方は、わざわざアメリカ、ヨーロッパや東京の専門医に行かなくても、岩手県盛岡市においてそのような治療を受けることができます。

 

 

 

 

これまで院長はどのような研鑽を積んできたのか、何が得意なのか、その一部をご紹介します。

 院長は、大学卒業後、口腔外科学を専攻し、口腔外科の大家である関山三郎先生に師事し、7年間研鑽をしました。ここでは口腔外科の知識と技術を身につけました。この間、癌免疫学の分野で歯学博士の学位を取得しました。歯科医師になって、今年で28年になります。

一般歯科治療に関しては、ボストンのDr.Nevinsが主宰するIADSとの姉妹団体である日本のJIADSという研究会に所属し、最先端のアメリカの歯周病治療、インプラント、補綴治療(入れ歯や被せ物の治療)などについて学びました。Dr.Nevins, Dr.Ono, Dr. Nakamuraなど多くの先生から日本とアメリカで直接指導を受けたそうです。

JIADS東北支部長を務めたあとに、現在も会員として情報収集をしています。

20160617095948.JPG

 

近代口腔科学研究会という研修にも長く参加したようです。ここでは、近代口腔科学研究会主宰の飯塚哲夫先生に、「真の歯科医療とは何か?患者さんの為になる口腔の医療とは何か?」という歯科の本質について多くを学びました。この研究会は全国から優秀な歯科医師が集まり、歯科の広範囲に渡る分野の研修を行なう極めて厳しい研究会ということです。院長は、大学の口腔外科学講座とこの研究会で学んだことが大変勉強になり、現在の自分の歯科治療に大きな影響を与えていると言っています。

 

 

院内アンケートを実施しました

こんにちわ!

6月に入り各地から梅雨入りの声が聞こえてきました。

梅雨と聞くとなんだか憂鬱な気持ちになりがちですが、雨なんか吹き飛ばして毎日頑張っていきましょう!

 

そんななか、みちのくの初夏の風物詩「チャグチャグ馬こ」が今年も行われました。

昔から、「チャグチャグ馬こ」の日は必ず晴れると言われており、今年も爽やかに晴れて、盛岡では30°を超える真夏日となりました。

これからさらに、湿度が高く暑い日が続きます。みなさん、熱中症に気を付けましょう。

 

さて、高橋衛歯科医院、マモインプラントクリニックマリオスでは、年に2回、院内アンケートを実施しております。

このアンケートは当院に来院してくださっている患者様のみに行うアンケートで、実際通院して治療を受けて感じた事やご要望などをお聞きするものです。アンケートの中にはお褒めの言葉や厳しいお言葉など沢山の率直な意見をいただき、いつも感謝しております。

このアンケートの結果を拝見すると、患者様の生の声を聞くことができ、毎回院長をはじめ私たちスタッフ全員がまた新たな気持ちで患者様により良い治療を受けて頂けるように努力しなければならないという気持ちになります。

今回、そのアンケートの中から改善点などをまとめて院内の待合室に掲示してありますので是非ご覧ください。

今後とも高橋衛歯科医院、マモインプラントクリニックマリオスをどうぞよろしくお願いいたします。

 

歯科助手の立柳でした。

 

20160612104116.6.12.jpg

高橋衛歯科医院21周年を迎えて

こんにちは。

マモインプラントクリニックマリオスで歯科技工士をしています村松と申します。

私は主に、All-on-4(オールオン4)関連の補綴物、また、メタルボンドポーセレンクラウンやジルコニアポーセレンクラウンなど、保険診療以外の技工物を作製しています。天然歯の様な白く美しく自然に見える歯を作っています。患者様のご要望にお応えしますので何なりとご相談してください。

 

高橋衛歯科医院は、平成28年6月10日で開業21周年を迎えます。

長きに渡り、通院なさっている皆様、ご近所の方々など、多くの方々に支えられてやってまいりました。

本当にありがとうございます。

今後も、患者様の一生のパートナーとして、精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて、6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」です。

これは、厚生労働省が、歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発とともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療をすることにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的に、1958年から「歯の衛生週間」の名称で実施していました。そして、2013年より現在の「歯と口の健康週間」になりました。

お口の健康について考えていますか?

お口についてのお悩みはありませんか?

例えば虫歯や歯周病で歯を無くしてしまって喋りづらい、食べれない、入れ歯がどうしても合わない、歯のせいで老け顔に見える…等お悩みがある方に是非ともお勧めしたいのがAll-on-4です。(All-on-4について詳しくはHPで)

今回は先日All-on-4をしたある女性の患者さんとの素敵なお話を取り上げさせて頂きます。

その方はAll-on-4をするまで料理をしても美味しいものを食べたいという気持ちが無く、食べやすいものを優先に作っていたそうです。

しかしAll-on-4をして噛めるようになってから美味しいものが食べたい気持ちが湧いてきた、料理をしていても楽しい、旦那さんも美味しい料理が食べられるようになって喜んでいる。というお話を聞かせて頂きました。

 

食べることの喜びは、毎日を生きていく中で一番大事な事ですね!

いつまでもお口の事で悩んでいるのはもったいないですよ。

お口のお悩み、どんなことでも高橋衛歯科医院にご相談ください。

きっと、お役に立てると思います。

 20160611213156.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年06月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

ユーザー

新着画像

Feed